口頭発表(国内)

  1. 廣瀬 慧.(招待講演)
    スパース多変量解析と物性予測への応用.
    日本接着学会西部支部 令和4年度 若手主催講演会.
    オンライン開催. 2022年11月11日.
  2. 廣瀬 慧, 寺本 圭祐.
    欠測がある場合におけるスパース多変量重回帰分析と物性予測への応用.
    2022年度 統計関連学会連合大会.
    成蹊大学. 2022年9月5日.
  3. 廣瀬 慧, 松井 秀俊. (招待講演)
    スパース推定の最新の展開.
    2022年度 応用統計学会 チュートリアル講演.
    オンライン開催. 2022年5月13日.
  4. 廣瀬 慧. (招待講演)
    スパースモデリングによる高次元材料データ解析.
    第179回 粘着研究会 例会.
    オンライン開催. 2021年11月12日.
  5. 吉田 航, 廣瀬 慧.
    適切な誤差分散推定によるモデル選択後の予測精度向上.
    2021年度 統計関連学会連合大会.
    オンライン開催. 2021年9月9日.
  6. 馬場 由羽貴, 廣瀬 慧.
    NMARにおける状態空間モデルの推定.
    2021年度 統計関連学会連合大会.
    オンライン開催. 2021年9月8日.
  7. 三浦 完太, 廣瀬 慧.
    クロスバリデーションに基づく正準判別のクラスタリングとその高速化.
    2021年度 統計関連学会連合大会.
    オンライン開催. 2021年9月7日.
  8. 廣瀬 慧, 増田 弘毅.
    回帰モデルの合計値予測とクラスタリング.
    2021年度 統計関連学会連合大会.
    オンライン開催. 2021年9月7日.
  9. 廣瀬 慧.
    正則化因子分析とその応用.
    RIMS-IMI合同談話会.
    オンライン開催. 2021年3月12日.
  10. 三浦 完太, 廣瀬 慧.
    クラスタリングによる正準判別の精度向上と高速化.
    数学・数理科学専攻若手研究者のための異分野・異業種研究交流会
    オンライン開催. 2020年10月31日.
  11. 沖永 悠一, 京極 大助, 近藤 聡, 永野 惇, 廣瀬 慧.
    遺伝子ネットワーク構造が予測精度に与える影響.
    数学・数理科学専攻若手研究者のための異分野・異業種研究交流会
    オンライン開催. 2020年10月31日.
  12. 寺本 圭佑, 廣瀬 慧.
    目的変数に欠損を含むデータに対する多変量重回帰モデルを用いた補完アルゴリズムについて.
    数学・数理科学専攻若手研究者のための異分野・異業種研究交流会
    オンライン開催. 2020年10月31日.
  13. 三浦 完太, 廣瀬 慧.
    クラスタリングによる正準判別の精度向上とクロスバリデーションの高速化.
    2020年度 科研費シンポジウム「多様な分野のデータに対する統計科学・機械的アプローチ」.
    オンライン開催. 2020年9月28日~29日.
  14. 沖永 悠一, 京極 大助, 近藤 聡, 永野 惇, 廣瀬 慧.
    遺伝子ネットワーク構造が予測精度に与える影響.
    2020年度 科研費シンポジウム「多様な分野のデータに対する統計科学・機械的アプローチ」.
    オンライン開催. 2020年9月28日~29日.
  15. 廣瀬 慧.
    電力需要予測のための統計モデルとソフトウェア.
    2020年度 統計関連学会連合大会.
    オンライン開催. 2020年9月10日.
  16. 廣瀬 慧,増田 弘毅.
    電力需要の短期予測のための統計モデリング.
    2019年度 統計関連学会連合大会.
    滋賀大学. 2019年9月8日~12日.
  17. 廣瀬 慧,増田 弘毅.
    相対誤差に基づく回帰モデルのロバスト推定.
    2018年度 統計関連学会連合大会.
    中央大学. 2018年9月9日~13日.
  18. 廣瀬 慧,寺田 吉壱.(招待講演)
    因子分析における単純構造推定のための正則化法とその応用.
    日本行動計量学会 第46回大会.
    慶應義塾大学. 2018年9月3日~6日.
  19. 廣瀬 慧.(招待講演)
    Prenet正則化法による単純構造推定.
    日本地球惑星科学連合 2018年大会.
    幕張メッセ. 2018年5月20日~24日.
  20. 廣瀬 慧,寺田 吉壱.
    因子分析における単純構造推定のための正則化法.
    2017年度 統計関連学会連合大会.
    南山大学. 2017年9月5日~8日.
  21. 小家 亜斗吏, 廣瀬 慧.
    群の数が多い場合における多群線形判別.
    2017年度 統計関連学会連合大会.
    南山大学. 2017年9月5日~8日.
  22. 山口 尚哉, 廣瀬 慧, 堀 磨伊也, 出口 喜也.
    電力取引市場における電力調達の最適化.
    2017年度 統計関連学会連合大会.
    南山大学. 2017年9月5日~8日.
  23. 廣瀬 慧.
    超高次元データの統計解析における最適化問題.
    OR九州支部. 2017年3月27日.
  24. 廣瀬 慧.
    正則化法によるスパース推定とその応用.
    平成29年 電気学会全国大会.
    富山大学. 2017年3月17日.
  25. 廣瀬 慧.
    進化計算研究者のための統計解析及び機械学習.
    第12回 進化計算学会研究会.
    九州大学. 2017年3月13~14日.
  26. 廣瀬 慧.
    エネルギーデータの統計解析.
    産・学・官交流促進シーズ発表会~再生可能エネルギー主体の地域エネルギーマネジメント.
    九州大学. 2017年2月3日.
  27. 廣瀬 慧.
    スパース推定法による高次元データ解析.
    第21回 情報・統計科学シンポジウム.
    九州大学. 2016年12月2日.
  28. 廣瀬 慧.
    Rパッケージ fanc --グラフィカルツールを用いた新たな因子分析--.
    数学協働プログラム「確率的グラフィカルモデルの産業界への応用」.
    慶應義塾大学日吉キャンパス. 2016年11月10日~11日.
  29. 廣瀬 慧.
    Prenetペナルティによる因子分析の単純構造の推定.
    大規模統計モデリングと計算統計
    東京大学. 2016年9月27日~28日.
  30. 廣瀬 慧, 藤澤 洋徳.
    ロバストかつスパースなガウシアングラフィカルモデリングと遺伝子データへの応用.
    2016年度 統計関連学会連合大会.
    金沢大学. 2016年9月6日~9日.
  31. Hirose, K.
    Sparse factor model via regularization and its extension to regression analysis.
    日本計算機統計学会 第30回大会.
    ハートピア京都. 2016年5月19日.
  32. 廣瀬 慧.
    正則化法に基づくスパース因子分析.
    日本オペレーションズ・リサーチ学会 2015年秋季研究発表会.
    九州工業大学. 2015年9月.
  33. Hirose, K. and Yamamoto, M. (招待講演)
    An extension of factor rotation via the penalized maximum likelihood estimation.
    企画セッション「Wakimoto Memorial Session」.
    2015年度 統計関連学会連合大会.
    岡山大学. 2015年9月.
  34. 長尾 大道, 水迫 覚信, 廣瀬 慧, 加納 将行, 堀 宗朗, 酒井 慎一, 中川 茂樹, 本多 亮, 木村 尚紀, 平田 直.
    首都圏地震動イメージング.
    企画セッション「自然科学へのデータ駆動型アプローチ」.
    2015年度 統計関連学会連合大会.
    岡山大学. 2015年9月.
  35. 水迫 覚信,長尾 大道,廣瀬 慧,加納 将行,堀 宗朗,酒井 慎一,中川 茂樹,本多 亮,木村 尚紀,平田 直.
    Lassoに基づく首都圏地震動分布のデータ駆動型イメージング.
    日本地球惑星科学連合 2015年大会.
    幕張メッセ. 2015年5月.
  36. 廣瀬 慧,山本 倫生.
    因子間相関を仮定した因子分析モデルの正則化スパース推定.
    日本計算機統計学会 28回シンポジウム.
    沖縄科学技術大学院大学. 2014年11月.
  37. 廣瀬 慧, 山本 倫生.
    正則化スパース因子分析は因子回転に取って代わるのか?
    企画セッション「スパース正則化による統計的推測」.
    2014年度 統計関連学会連合大会.
    東京大学. 2014年9月.
  38. 水迫 覚信, 長尾 大道, 市村 強, 堀 宗朗, 廣瀬 慧.
    構造物即時被害予測のためのスパースモデリングに基づく地震動分布推定アルゴリズムの開発.
    日本地球惑星科学連合 連合大会 2014年大会.
    パシフィコ横浜. 2014年4月.
  39. 廣瀬 慧, 山本 倫生.
    非凸ペナルティによる正則化法に基づく高次元因子分析モデルのスパース推定.
    科研費シンポジウム「高次元データ解析の理論と方法論, 及び, 関連分野への応用」.
    筑波大学. 2013年11月.
  40. 廣瀬 慧, 山本 倫生, 永田 晴久.
    Rパッケージ “fanc”: L1型正則化法に基づく因子分析モデルのスパース推定とその可視化.
    日本計算機統計学会 第27回シンポジウム.
    市民会館崇城大学ホール. 2013年11月.
  41. 小倉 幸弘, 廣瀬 慧, 下平 英寿.
    ガウシアングラフィカルモデルのスパース推定における正則化項の検討.
    日本計算機統計学会 第27回シンポジウム.
    市民会館崇城大学ホール. 2013年11月.
  42. 廣瀬 慧.
    Lassoタイプの正則化法に基づくスパース推定法を用いた超高次元データ解析.
    RIMS研究集会「高次元量子トモグラフィにおける統計理論的なアプローチ」.
    京都大学. 2013年10月.
  43. 廣瀬 慧, 金 順暎, 狩野 裕, 吉田 学, 今田 美幸, 松尾 真人.
    大量欠損データに対する因子分析モデルの最尤推定.
    2013年度 統計関連学会連合大会. 大阪大学. 2013年9月.
  44. 前田 晴義, 廣瀬 慧, 下平 英寿.
    不完全データにおける情報量規準の打ち切りデータへの応用.
    2013年度 統計関連学会連合大会.
    大阪大学. 2013年9月.
  45. 吉田 学, 今田 美幸, 廣瀬 慧, 松尾 真人.
    L1型正則化法を用いた職場の人間関係におけるつながり感回帰式の導出.
    2013年度 統計関連学会連合大会.
    大阪大学. 2013年9月.
  46. 廣瀬 慧, 金 順暎, 狩野 裕, 吉田 学, 今田 美幸, 松尾 真人.
    構造方程式モデリングによる対人認知構造モデルの構築.
    ユビキタス・センサネットワーク研究会.
    福岡大学. 2012年10月.
  47. 吉田 学, 今田 美幸, 廣瀬 慧, 金 順暎, 松尾 真人.
    対人感情を変化させるイベントに着目した対人感情推定モデルの構築.
    ユビキタス・センサネットワーク研究会.
    福岡大学. 2012年10月.
  48. 廣瀬 慧, 山本 倫生.
    L1型正則化法による因子分析モデルのスパース推定.
    科研費シンポジウム「統計科学における深化と横断的展開」.
    松江テルサ. 2012年10月.
  49. 保科 架風, 廣瀬 慧, 小西 貞則.
    LARSに基づくL1正則化法におけるモデル選択基準の構成.
    科研費シンポジウム「統計科学における深化と横断的展開」.
    松江テルサ. 2012年10月.
  50. 廣瀬 慧, 金 順暎, 狩野 裕, 吉田 学, 今田 美幸, 松尾 真人.
    初対面の第一印象を「プロデュース」する~L1型正則化法と因子分析の新たな応用.
    2012年度 統計関連学会連合大会.
    北海道大学. 2012年9月.
  51. 金 順暎, 廣瀬 慧, 吉田 学, 今田 美幸, 松尾 真人, 藤井 竜也.
    ベイジアンネットワークによる対人認知構造モデルの構築.
    2012年度 統計関連学会連合大会.
    北海道大学. 2012年9月.
  52. 吉田 学, 今田 美幸, 廣瀬 慧, 金 順暎, 松尾 真人.
    因子分析による対人感情の基本次元に関する評価.
    2012年度 統計関連学会連合大会.
    北海道大学. 2012年9月.
  53. 保科 架風, 廣瀬 慧, 小西 貞則.
    LARSによるモデル選択基準の構成とスパース回帰モデリング.
    2012年度 統計関連学会連合大会.
    北海道大学. 2012年9月.
  54. 吉田 学, 今田 美幸, 廣瀬 慧, 金 順暎, 松尾 真人.
    人間関係におけるつながり度の定量化に向けた一検討.
    ユビキタス・センサネットワーク研究会.
    豊橋技術科学大学. 2012年5月.
  55. 金 順暎, 廣瀬 慧, 今田 美幸, 吉田 学, 松尾 真人, 藤井 竜也.
    個人属性が対人認知構造に及ぼす影響について.
    ~Webアンケートによる大規模調査の解析結果から~.
    ヒューマンコミュニケーション基礎研究会.
    沖縄産業支援センター. 2012年5月.
  56. 廣瀬 慧.
    L1型正則化法における効率的な調整パラメータの選択アルゴリズム.
    科研費シンポジウム「統計的推測の理論と方法論, 及び, 最近の動向」.
    筑波大学. 2011年11月.
  57. 廣瀬 慧.
    正則化法に基づくスパース推定と調整パラメータの選択.
    科研費シンポジウム「生命科学と統計学」.
    大阪大学, 豊中キャンパス. 2011年11月.
  58. 廣瀬 慧, 立石 正平, 小西 貞則.
    L1型正則化法におけるチューニングパラメータの選択.
    2011年度 統計関連学会連合大会.
    九州大学, 伊都キャンパス. 2011年9月.
  59. 廣瀬 慧, 立石 正平, 小西 貞則.
    Lassoタイプの正則化法におけるモデル評価基準.
    応用統計学会 2011年度年会.
    大阪大学, 吹田キャンパス. 2011年6月.
  60. 廣瀬 慧, 樋口 知之.
    フェイシャル・モーション・キャプチャーデータに基づく3Dキャラクターの表情付け.
    2011年度 人工知能学会全国大会(第25回).
    アイーナ いわて県民情報交流センター. 2011年6月.
  61. 廣瀬 慧, 樋口 知之
    カーネルk平均法に基づく3Dキャラクターの高品質アニメーション生成.
    第4回 IBISML研究会.
    大阪大学中之島センター. 2011年3月.
  62. 廣瀬 慧, 樋口 知之.
    クラスタリングに基づくフェイシャル・モーション・キャプチャーデータ内の相互作用部位の発見.
    2010年度 統計関連学会連合大会.
    早稲田大学, 早稲田キャンパス. 2010年9月.
    最優秀報告賞受賞
  63. 廣瀬 慧, 小西 貞則.
    Lassoタイプの正則化法に基づく因子分析モデルの推定とその評価.
    日本計算機統計学会 第23回シンポジウム.
    札幌学院大学. 2009年11月.
  64. 廣瀬 慧, 立石 正平, 川野 秀一, 小西 貞則.
    関連ベクターマシンに基づく高次元確率的主成分分析.
    科研費シンポジウム「高次元データの統計学 -理論・方法論・関連分野への応用-」.
    筑波大学. 2009年12月.
  65. 廣瀬 慧, 小西 貞則.
    L1型正則化法に基づく因子分析モデリング.
    科研費シンポジウム「統計科学の方法論と応用の新展開」.
    松江テルサ. 2009年10月.
  66. 廣瀬 慧, 小西 貞則.
    Group Lassoに基づく因子分析モデリング.
    2009年度 統計関連学会連合大会.
    同志社大学, 京田辺キャンパス. 2009年9月.
  67. 廣瀬 慧, 芹川 義和, 小西 貞則.
    確率的カーネル主成分分析とその応用.
    2008年度 統計関連学会連合大会.
    慶應義塾大学, 矢上キャンパス. 2008年9月.
  68. 川野 秀一, 廣瀬 慧, 小西 貞則.
    基底展開法に基づく半教師あり学習.
    第10回ノンパラメトリック統計解析とその周辺.
    慶應義塾大学, 三田キャンパス. 2008年3月.
  69. 廣瀬 慧, 川野 秀一, 小西 貞則, 市川 雅教.
    探索的因子分析モデルにおける因子数の選択.
    統計数理研究所共同利用研究重点テーマ 共同公開研究会「統計メタウェアの開発」.
    統計数理研究所. 2008年2月.
  70. 廣瀬 慧, 川野 秀一, 小西 貞則, 市川 雅教.
    ベイジアン因子分析モデルとその評価.
    科研費シンポジウム「統計科学における数理的手法の理論と応用」.
    広島大学. 2008年1月.
  71. 廣瀬 慧, 小西 貞則.
    ベイズアプローチに基づく因子分析モデルの推定.
    第12回 情報・統計科学シンポジウム.
    九州大学. 2007年12月.
  72. 廣瀬 慧, 川野 秀一, 小西 貞則, 市川 雅教.
    ベイジアン因子分析モデルと因子数の選択.
    2007年度 統計関連学会連合大会. 神戸大学. 2007年9月.